開発経緯

ミヤモンテ製品

1984年から自然科学を基礎にしたメキシコのアステカに伝わる薬草をヒントに 研究され 開発が始められ現代にいたります。
シャンプー、コンデショナー、洗顔、クリームなどはメキシコ ウナム国立自治大学にて研究されました。ミヤモンテのアロエ基本液、フルボ酸は臨床実験を経てミヤモンテ メキシコにて製造され、アメリカでボトル詰めを行い製品化しています。

開発経緯

Dr.Dick Miyayamaは20年前、ケラチン増殖神経には幹細胞があり、神経の遺伝子に組み込まれたケラチン増殖神経が再生する事を発見し、メキシコ自治大学で及びメキシコ衛生児童総合病院で発表しました。博士開発のソリューションは、髪、皮膚、爪のケラチンの異常を正常に導きます.髪、皮膚、爪を美しく保つ事は、人間の内外を健康に導く事でもあります。


%d bloggers like this: